基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者


WSL / TONY HEFF

日本人選手の活躍が続く!

現地29日にスタートした、ハワイオアフ島で行われているQS5000「VOLCOM PIPE PRO」は、30日に大会2日目を迎えラウンド3のヒート13までが終了。

日本人選手の勝ち上がりを見てみると、ラウンド3のヒート1に登場した、金澤呂偉は地元ハワイのマカイ・マクナラマに続く2位でラウンドアップ。

また、ヒート9には大橋海人が見事トップ通過を果たしラウンド4へ駒を進め、セス・モニーツらと対戦する。


ヒート13には西慶次郎と鈴木仁が登場し、西慶次郎がトップ通過。

鈴木仁は残念ながら3位となりここで敗退となった。


続きを読む▽
| サーフニュース | 12:49 PM |

投稿者: 管理者

【冬の大西が減ったとローカルは言う】


北半球が冬の間、寒気の大もとは北極にある。

太陽放射が当たらない時間は、北極の気温が下り続け重たい寒気が蓄積される。


寒気の蓄積が相対的に限界に達すると今度は波状に寒気が南下するように放出される。

蓄積と放出を繰り返すので「北極振動」と呼ばれる。

その周期を計算するのは至難の業で、冬の予報の外れる一要因となっている。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者



カノアが快勝!

モロッコのタガズートで行われているメンズWSL QS5000「Pro Taghazout Bay」は現地29日にラウンド5までの全てのヒートを消化。


日本からはカノア五十嵐がここまで勝ち上がりをみせており、この日もスペシャルなパフォーマンスを魅せた!


この日のタガズートは頭オーバーサイズのグラッシーコンディションとなり、メインポイントのアンカーにてヒートが開始された。


ラウンド5のヒート1に登場したカノアは、9.47ptと8.50ptのエクセレントを連発しデイリーハイエストとなる17.97ptをマーク。

対戦相手のコール・ハウシュマンド(USA)も決して不調という事はなく、トータル16.60ptとハイスコアを出していたが、そこはカノア。

CTランカーの力を見せつけたかたちとなった。


続きを読む▽
| サーフニュース | 04:02 PM |

投稿者: 管理者

世界的サーフアクセサリーブランド「RSPro」より、リサイクルコルク採用の”Hexa Traction Grip” ニューモデルが発売。



環境に配慮したリサイクルコルクを採用し、軽量、UVカット、耐熱、防水機能を兼ね備えたデッキトラクション。

超薄型コルクを使用した事でボードとの一体感が向上し、ボードフィーリングを高め、適度なグリップを保ちます。


サーフィン、SUPサーフィン、ウェイクサーフィン、カイトサーフィン、さらに流行りのソフトボードにも施工可能。



続きを読む▽

投稿者: 管理者

2月2日(日)に愛知県 伊良湖エリアにて渥美半島駅伝競走大会が行われるため、赤羽根方面をはじめ周辺道路で交通規制が入ります。




今週末に伊良湖へのサーフィンを予定されているサーファーの方はご協力のほど、よろしくお願いいたします。

続きを読む▽
| サーフニュース | 10:00 AM |

投稿者: 管理者



ラウンド3が全て終了

モロッコのタガズートで行われているメンズWSL QS5000「Pro Taghazout Bay」は現地28日に大会4日目を迎え、ラウンド3までの全てのヒートを消化。


日本人で勝ち上がりをみせていたカノア五十嵐と都筑百斗が登場した。


ヒート1に登場したカノア五十嵐は、7.90ptを含むトータル14.17ptで危なげなくラウンド4へ駒を進めた。

続きを読む▽
| サーフニュース | 10:00 AM |

投稿者: 管理者


WSL / YVES SOBANSKI

1月25日~2月1日までの期間、モロッコのタガズートで行われているWSL QS5000イベント「Pro Taghazout Bay」では、27日に大会3日目が開催され、トップシード選手が登場するラウンド2のヒート20までを消化。


ヒート1ではカノア五十嵐がクレジットされており、トップ通過でラウンド3へ駒を進めた。

また、ヒート9では都筑百斗がウィリアム・カルドソ(BRA)、ジョアン・ドゥルー(FRA)を抑え見事1位でラウンドアップとなった。

続きを読む▽
| サーフニュース | 04:32 PM |

投稿者: 管理者

【かのジェリーロペスさんは海の波よりも読みやすいので雪山に移り住んだとも聞くが】


気候変動でスキー場は悲鳴。雪まつりはピンチという。

ただ2019年12月16日、アメリカ地球物理学連合に東北大などが提出した論文には「東北から中部、北陸地方の山岳地域で豪雪時の降雪が強くなる」とある。

その一方で、気象庁のIPCCのA2シナリオ(原子力に頼り、現在と同じ水準での消費活動を継続)の場合、積雪の予測を全国のスキー場(275か所)に当てはめると、2031年から2050年で60%から80%も積雪量が減少となるスキー場が108か所(全体の4割)、80%から100%減少(100%とはつまり雪がゼロという事)が32か所で滑走日数は現状の3分の1に減少、一部雪が増加するのは北海道山形長野のスキー場。

2081年から2100年になると…

続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者



今年もこの話題がやってきた!

2020年5月23日(土)、 24日(日)、横浜赤レンガ倉庫野外特設会場にて開催される”GREEN ROOM FESTIVAL’20”

今回で16回目となる同フェスティバルでは、 豪華アーティストによる複数ステージでのライブパフォーマンスが楽しめる他、世界中から著名なアーティストが出展するART AREA、注目のサーフフィルムが鑑賞できるFILM AREA、KIDSエリア、YOGA、さらにSURF MARKETには約80店舗以上にも及ぶ様々なブランドが出店。

今回も多彩なコンテンツで会場を盛り上げます。


随時発表される今後の情報にも是非ご注目ください。

続きを読む▽
| サーフニュース | 05:05 PM |

投稿者: 管理者




いわずと知れたパイプラインマスターJOBこと”ジェイミー・オブライエン。


彼が発信するVlogで、東京の大井町にある人工サーフィン施設のCITY WAVE TOKYOで仲間とサーフする様子がアップされた。

流石にワイメアでのリバーサーフィンで慣れているだけあって、シティーウェーブの波もなんなくこなしてしまうあたりプロである。


続きを読む▽
| サーフニュース | 02:59 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 2.189559秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo