基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



いよいよ今週末の9月7日(土)より、宮崎県宮崎市木崎浜海岸にて「2019 ISA World Surfing Games presented by Vans」が開催されます。


今大会では史上最多の開催国数となる55か国となり、総参加人数は240名に上ります。
※いままでの参加国数最多は2017年フランスビアリッツ開催の47国


また、今回は米領サモア、レバノン、モルディブ、スリランカ、タイが初出場となります。



そして、承知のとおりCT枠からオリンピック出場を狙うケリー・スレーター (USA)、 カリッサ・ムーア (USA)、 ステファニー・ギルモア (AUS)、 ジュリアン・ウィルソン (AUS)、 ガブリエル・メディナ (BRA)、 フィリペ・トレド (BRA)、 タチアナ・ウェストン・ウェッブ (BRA)、 ジョディ・ スミス (RSA)、 ジョアン・ディフェイ (FRA)、 ジェレミー・フローレス (FRA)、そしてミシェル・ボウレス(FRA)などエリートツアラーが参戦することで全世界的に注目のイベントにもなっています。



NAMINORI JAPAN メンバーは、五十嵐カノア、村上舜、大原洋人、前田マヒナ、松田詩野、脇田沙良。


先月末に行われた日本代表の記者会見では、村上舜を始め松田詩野らが意気込みを語り、2018年伊良湖開催のWSG団体金メダルに続く2連覇を狙って世界の強豪に立ち向かう決意を見せていました。





東京2020オリンピックへの出場切符をつかむための重要な位置づけにもなる同大会。


来週には新たな台風が発生する可能性もありそうなので波の期待度、そして我らが日本代表「波乗りジャパン」の活躍にも期待がかかります!






2019 ISAワールドサーフィンゲームス





2018年WOMENSゴールドメダリスト サリー・フィッツギボンズ




| サーフニュース | 03:44 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.801915秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo