基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【夏の隠れた実力者”チベット高気圧”】


天気図に出ない夏の高気圧にチベット高気圧がある。

天気予報の天気図は海抜0mの気圧配置だから、8000m級の高さにある高気圧は描かれない。


普段はそんな高いところにある高気圧なんて日本に影響しないし、波にも関係ない。

しかし、夏至の頃から8月の北半球に圧倒的に陽が当たる時期は別で底力を見せつける。




2019年7月15日(海の日)にフィリピン東海上で発生した台風5号は、東シナ海を北上し大型化して黄海へ。

長崎は大雨被害(レベル5)で朝鮮半島の南西部に上陸した。


そのまま台風は北東に進路をとり21日には日本海へ。

ここで思うのは「あーあ日本海に入ると南風ビンビンで太平洋側は面が悪いんだよね」という常識。


しかし実際はサーファーの常識も気象庁の予報も大外れの無風もしくは弱い北よりの風が奇跡的に続き面が良かったし台風の西ウネリも続いた。


これってこの時期だけの実力者チベット高気圧が関係しているに他ならない。

8000mのプロ用天気図(300hPa)を見ると、21日はチベット地方から高気圧がしっかり張り出していて、その前面(つまり東の端)が宮城県上空まで達していた。

高気圧の前面は北風なので、これにより弱まってゆく台風の吸い上げる南風に拮抗したのだ‼


無風で蒸し暑かったけどね。





TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.826232秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo