基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



今年もこの話題がやってきた!

2020年5月23日(土)、 24日(日)、横浜赤レンガ倉庫野外特設会場にて開催される”GREEN ROOM FESTIVAL’20”

今回で16回目となる同フェスティバルでは、 豪華アーティストによる複数ステージでのライブパフォーマンスが楽しめる他、世界中から著名なアーティストが出展するART AREA、注目のサーフフィルムが鑑賞できるFILM AREA、KIDSエリア、YOGA、さらにSURF MARKETには約80店舗以上にも及ぶ様々なブランドが出店。

今回も多彩なコンテンツで会場を盛り上げます。


随時発表される今後の情報にも是非ご注目ください。

続きを読む▽
| サーフニュース | 05:05 PM |

投稿者: 管理者




いわずと知れたパイプラインマスターJOBこと”ジェイミー・オブライエン。


彼が発信するVlogで、東京の大井町にある人工サーフィン施設のCITY WAVE TOKYOで仲間とサーフする様子がアップされた。

流石にワイメアでのリバーサーフィンで慣れているだけあって、シティーウェーブの波もなんなくこなしてしまうあたりプロである。


続きを読む▽
| サーフニュース | 02:59 PM |

投稿者: 管理者



NUMBERの20SS COLLECTIONデリバリーがスタート

1月よりMAGIC NUMBERの20SS COLLECTIONが立ち上がり、
色々なブランドやアーティストのコラボレーションなども2~4月にかけて展開をしていく予定。


今季のテーマを”OCEAN EXPERIENCE”と題し、MAGIC NUMBERのフィルターを通したアウトドアを表現したコレクション

MAGIC NUMBERのイメージするアウトドアフィールドには常に近くに海がある。海がいちばんタフ。海で使う事に耐えうるモノは色々なシーンできっと役に立つ。
2020 Spring/SummerのマジックナンバーはそんなMAGIC NUMBERの考えるアウトドアの視点を表現


続きを読む▽

投稿者: 管理者


Photos : Masahiko Yoshioka/Nikon

鈴木大地スポーツ庁長官とプロボディーボード連盟によるセッションが開催された


以下、JPBAからのコメント

1月17日(金)にJPBA理事長 前山剛志、JPBA公認 大原沙莉プロ、相田桃プロと登坂由美恵さんが文部科学省スポーツ庁 鈴木大地長官のもとへ表敬訪問をしました。

前山理事長からは、ボディボードの説明、誰でも気軽に波に乗れるボディボードの楽しさをアピール。

2019年ワールドチャンピオンの大原沙莉プロと2019年JPBAグランドチャンピオンの相田桃プロからは、昨年の大会成績の報告とボディボードの認知のために今後やっていきたいこと、Youtubeでボディボードを広めていく活動をすることなどをお話し致しました。


続きを読む▽
| サーフニュース | 11:36 AM |

投稿者: 管理者

【イソップ寓話「北風と太陽」は本当なんだ】


風の向きを決めるのは一に気圧配置(天気図)、二に放射(太陽光)。

朝夕に波乗りをするという習慣がサーファーなら身についているが、朝夕は放射(太陽光)が弱まるからに他ならない。


西高東低冬型気圧配置は基本日本では北風。

北極やシベリアの大地は冬の日当たりが短時間で弱いから寒気が溜まり、南側に流れ出すので北風となる。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者




これまでの常識を覆す、熱成型サーフブーツ『SOLITE』より、2019-2020ニューモデルがリリースされた。

スノーボードブーツでは定番の”熱成型”の技術をサーフブーツに取り入れた革新的なブーツです。

熱湯で温めることでブーツ本体を自分の足の形に成型でき何度でもフィッティング調整が可能です。


続きを読む▽

投稿者: 管理者

いつも波通をご利用いただき誠にありがとうございます。

1月15日(水)に、施設点検により停止しておりました白浜ライブカメラは点検終了後に復旧いたしました。


日ごろよりご利用いただいておりますユーザー様にはご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。


【停止日時】
2020年1月15日(水)
午前8時頃~終日


【復旧日時】
1月16日(木)夜明けより


【影響範囲】
・ライブストリーミング

・定時録画動画



引き続きよろしくお願いいたします。


| お知らせ | 10:31 AM |

投稿者: 管理者



オリンピックの最終選考イベントとなる、2020ISAワールドサーフィンゲームスのホスト国が北中米に位置するエルサルバドルに決定した事を国際サーフィン連盟が13日発表した。


この大会ではいよいよ2020東京オリンピックの各国代表選手が決定する、オリンピック前の最重要イベントだ。



続きを読む▽
| サーフニュース | 12:05 PM |

投稿者: 管理者

【どんなに進歩しても「それでもまだ外れる波の予想」がサーフィンの魅力の一つと言ったら言い過ぎか?】


2020年には5G(第5世代移動通信システム)の時代がやってくる。

4Gと比べ通信速度は100倍、遅延も10分の1になる。


車の自動運転技術にも応用されそうだが、天気予報にはマイナス面がNASAやアメリカ海洋大気局によって指摘されている。


70年代から始まった大気の物理学的アプローチは、現在の5日先予報が80年代初頭の1日先予報と同程度にまで精度向上。

その裏で温暖化は空気中の水蒸気が多くなるため水蒸気の量と場所の情報こそが現代の天気予報の肝と言える。

実はこの水蒸気の観測は人工衛星から電磁波を地球に向けて放射して跳ね返って戻ってくるタイムラグで観測している。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者


WSL / TIM HAIN

海南島ではメンズのラウンド3進出者が決定!

中国の海南島で行われているQS5000「Corona Open China hosted by Wanning」は1月8日にメンズのラウンド2が行われ、日本人選手が躍動をみせた。

この日の日月湾はやはりサイズ不足が続き、さらに波数も少なく選手としてはなかなかポイントにつながる良い波を掴めない状況となっていた模様。


大会3日目はメンズのラウンド2が全てのヒートが行われ、ラウンド3への進出者が出揃った。


続きを読む▽
| サーフニュース | 04:43 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 2.101677秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo